大人の喘息・小児喘息・気管支喘息を治す

喘息は発作が起きると息が喘息息となって苦しいですよね。
そんな喘息を沈め、発作や息を楽にする方法を公開中です。

 

大人の喘息から子供の喘息(小児喘息も含む)、気管支ぜんそくなど、喘息のハナシを集めてみました。
喘息治療法や発作時の対処法も記載しています。

 

ただし、ここではわかりやすく書いていますので、語句を省略したり、端折っている部分もありますのでご勘弁を。

 

あくまでも喘息について理解を深めていただくもので、医学的見地・立場によるものではありません。
あくまでも自分の経験と書物などで調べた内容を基にしています。

喘息とは?

喘息・・・発作が起きると、息がヒューヒューとなり(喘鳴)、呼吸がとっても辛くなりますよね。

 

気管が狭くなり、息が苦しくなる喘息は気管支喘息ですが、日本では一般的に喘息=気管支喘息を指します。
このほかの喘息として心臓喘息というものもあるそうです。

 

現在では、喘息とは気管で起こっているアレルギーによる炎症だと解釈されているようです。
一昔前は、発作時に何らかの原因で気道が収縮(狭く)している、と考えられていましたが、近年では慢性的に炎症は起きている、と考えられています。

 

また、原因はアレルギーによるもの、とされているのが最近の考え方で、昔のように喘息の一部=アレルギー喘息、ではない、とされています。

 

要は、何らかのアレルギーを持っており、気管の中も炎症を起こしている。
その原因が強くなったり、コントロールが効かない=喘息の発作
なのだそうです。

 

 

喘息を改善したい場合は、まずはあなた自身のアレルギーの原因(=アレルゲン)を探し、その対策を始めることから始まります。

喘息の種類と原因

喘息の種類には、以下のものが挙げられています。

 

運動誘発性喘息
吸入アレルゲンによる喘息
アスピリン喘息

運動やストレス、寒気、アレルギーの原因(煙・動物の毛・ハウスダスト・特定のアレルギー食品など)が気管に入ることで、気管が反応して喘息の発作が起こります。

 

喘息の発作は本当に苦しいですよね。

 

このほかの喘息は、非ピリン系喘息とも呼ばれ、アレルギーではないものの、原因は良くわかっていないようです。

スポンサードリンク

 
 

スポンサードリンク